ポンポコお腹が張り裂ける!妊娠線予防は専用クリームでマッサージ

笑顔の婦人

マッサージで肉割れ防止

保湿クリーム

妊娠すると、日に日にお腹が大きくなっていきます。赤ちゃんの成長が目に見えてうれしいものですが、妊娠後期にもなるとお腹ははちきれんばかりにパンパンになってきます。皮膚も限界まで伸びていて、お腹の成長についていけずに妊娠線ができてしまいます。妊娠線は臨月頃にできる人が多くいますが妊娠5ヶ月頃からできる人もいます。そのため妊娠初期からケアすることがすすめられています。またできる場所もお腹だけでなく太ももや腰などにもできるとされています。妊娠線を予防する方法はいくつかあります。まず体重の管理です。食欲があるからと体重管理をしっかり行わないと、体重はあっという間に増えて脂肪がつきます。太ると妊娠線もできやすくなりますので気をつけるようにしましょう。また予防に効果的なのはスキンケアです。乾燥が原因ともいわれているため、クリームなどを使ってマッサージを行うと妊娠線ができにくいと言われています。専用のクリームで行なうことが大切です。妊娠線予防のクリームは柔らかいクリームで伸びがいいのが特徴です。妊娠中は臭いにも敏感です。そのため無香料のものが多く、また肌へも刺激も考えて無添加なものが多くあります。保湿することが目的なのできちんと肌に浸透するものを選ぶようにしましょう。専用のクリームは少し高価なものではありますが、ケチらずたっぷり塗るようにしましょう。妊娠線は一度出来たら、消えることはありません。しっかりケアして出来ないようにすることが大切です。入浴後は肌が柔らかくなっていて浸透も良いので、お風呂あがりにお手入れするようにしましょう。

妊婦はシミができやすい

メイクアップ

妊娠すると女性ホルモンの影響でシミができやすくなります。そのためシミを作らないようにいつもより気をつける必要があります。できてしまったシミ隠しにはコンシーラーが効果的です。堅いスティックタイプがカバー力があります。

詳細へ

頑固なニキビ跡もこれ一本

肌ケア商品

ニキビに悩む多くの男女にリプロスキンは愛用されています。深刻なニキビ跡に効果的で使っていくうちにニキビそのものもできにくい肌を作ります。効果が出ない場合は全額返金を行なっているため、一度ためしてみると良いでしょう。

詳細へ

ベビースキンを守る

親子

赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。そのため外出の際は日焼けしないように気をつける必要があります。赤ちゃん用の日焼け止めを塗ることが有効ですが、帽子をかぶる、紫外線が多い時間の外出を避けることも有効です。

詳細へ