ポンポコお腹が張り裂ける!妊娠線予防は専用クリームでマッサージ

下を向く女性

ベビースキンを守る

親子

夏になると赤ちゃんも外出する機会が増えます。しかし夏のお出掛けの際には気をつけることがたくさんあります。赤ちゃんは暑がりです、そのためよく汗をかきます。脱水症状にならないようにこまめな水分摂取が必要です。水分摂取と同じくらい気をつけたいのが、赤ちゃんの日焼けです。昔は日焼けは体に良いとされていましたが、最近では紫外線が皮膚がんの原因になるとして紫外線対策を行なうことが常識となってきました。赤ちゃんは肌がとても繊細で肌のバリア機能もまだ出来上がっていないため、日焼けすると肌が大きなダメージを受けます。そうならないように日焼け対策をしっかり行ないましょう。日焼け対策は肌をあまり露出させないことや帽子をかぶせることでも効果がありますが、日焼け止めを塗ることでも日焼けを防げます。赤ちゃんと外出する際には日焼け止めを塗るようにしましょう。しかし大人用のものでは赤ちゃんの肌には刺激が強すぎます。肌への負担が少ないベビー用を使うようにしましょう。日焼け止めは石鹸で落ちるものを選ぶとよいでしょう。お風呂で簡単に落ちるものは、SPFも強くなく成分も低刺激なものが多いです。敏感な肌にも優しい日焼け止めを選ぶようにしましょう。日焼け止めを塗る際はこすらず薄く伸ばすようにつけましょう。耳の後ろなど塗り忘れがないように気をつけることや、頻繁に塗り直しを行うことを忘れないでください。お母さんが日傘を使ったり、また紫外線が多いとされる午前10時から午後14時までは外出を避けることもおすすめします。